みんなに育ててもらってます。 5歳 女の子

子育て

娘が1歳半の時に私と元夫は別居をし、娘が4歳の時に離婚をして、今は私の両親と私、娘の4人で生活しています。

母は身体が悪く、ベッドの上で生活し、外出は車椅子が必要です。

父も高齢ですから買い物などは私の仕事です。

仕事も行かなければならないので、娘とのんびりショッピングしたり、公園でゆっくり遊んだり、ちょっと旅行へ…なんて気軽には出来ません。

なので、週に一度日曜日だけ娘と2人でディズニーリゾートに遊びに行くのが私と娘の楽しみです。

もともとは私の母がディズニーリゾートが大好きで、母が退職した時に母と私が年間パスポートを購入したのが始まりですが、今は母は一緒に外出する事が難しくなってしまったので、私と娘だけで行っています。

パークへ行っても、たくさんアトラクションに乗っているわけではありません。

娘の楽しみは、パークで出来たお友だちや仲良しのキャストさんとお話をする事。

娘のお友だちは、同い年くらいの子から、女子高生、20代のお姉さんたち、母親の自分と同じ世代の人、おじいちゃんおばあちゃん世代の人と、本当に様々な年代の人たちと出会い会話を楽しんでいます。

年齢は様々でも、同じ物が好きな人たちです。

一緒に楽しい事やワクワクする事を共有しています。

わざわざ会う約束をするのではなく、パークを歩いていると声を掛けられたり、こちらが見つけたり。

そのままお茶する事もあれば、一緒にパレードを観る事もあります。

キャストさんも、アトラクションに遊びに行けば会える人もいますが、毎日持ち場が変わりなかなか会えない人もいますが…

見掛けると娘は大きな声で名前を呼び、駆け寄ります。

手を振って迎えてくれる人。

手を広げてハグしてくれる人。

手を繋いでお散歩してくれる人。

パークに何度も訪れている娘ですが、まだまだ知らない事、娘がその瞳を輝かせ、落ち着きがなくなる程ドキドキワクワクする事をキャストさんたちが、たくさんたくさん与えてくれます。

最初は、私はシングルマザーで娘を満足に遊ばせてあげる事が出来ない…娘に申し訳ないような、罪滅ぼしのような気持ちでパークに連れてきていましたが、今は大好きな場所に大切な娘と遊びに行ける事が本当に幸せです。

普段の生活では、細々と注意されたり叱られたりする事の多い娘ですが、パークでは殆ど我が儘を言いません。

楽しむ目的と理由が一致しているからだと思います。

あれに乗りたい。

このショーが観たい。

ランチはこれを食べよう。

お互いの『好き』を共有し、1週間分のリセットをしています。

娘は、自分と2人で過ごす時間がとても多いです。

私は、自分以外の人にもたくさん触れて欲しいと思っています。

人の厳しさも優しさも、有り難さも…触れ合う事でしかわからないと思うのです。

娘が、誰かと手を繋いで歩く後ろ姿を幸せな気持ちで見つめています。

その姿が大好きです。

バイバイの時に、必ずハグをする娘。

寂しくて泣いてしまう時もあります。

ママ以外にも、自分を可愛がり、大切にしてくれる人はたくさんいるという事。

自分はいつもひとりぼっちではないという事を知って欲しいと思っています。

世の中には、子供が被害者になってしまう悲しい事件が溢れています。

他人と関わりたくない。

話したくない。

その気持ちもわかります。

私も、娘が人懐こいので色んな人に心配されますから。

だけど、これから娘も成長し学校や社会へ旅立っていくものです。

人は信用したらいけない。

人と関わってはいけない。

何をされるかわからないから…なんて言われて、自分の殻に閉じ籠ってしまう子供が増える事はとても怖いし、悲しいです。

ぜひ、お子さんと外に出てみてください。

迷惑そうにする人もいるかもしれませんが…嫌な人ばかりじゃないです。

子供の顔を見て笑ってくれる人、たくさんいます。

小さな家庭の中で、家族の絆をつくる事も大切ですが、社会との関わり合いを持つ事も小さな頃から学ばせてあげて欲しいです。

僕は私は、みんなに愛されて育ったと子供たちに感じながら大人になって欲しいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク