ファッションの第一歩はまず自分の好きを知ること

自分を好きに 美容

ファッションで気をつけていること、それは自分を知ると言う事です。

段々と年齢に応じたファッションやメイクをしろと周囲に言われることが多くなってきました。

 

確かにフリルが好きで、フリフリの洋服が好きだったけれど、そんな洋服を着てしまうと、おそらく周囲の目が痛いでしょう。

 

けれど、年相応を意識した流行などを取り入れることも、流行だからと言って、流行の洋服やトレンドカラーを取り入れることも注意が必要です。

 

やはり自分に似合うものがあると思うのです。

足を出すことは年齢を重ねるとNGと言われがちです。

 

けれど、足に自信がある人は、出すべきだと思います。

洋服のシルエットを気にすることが重要なのです。

 

フリフリのミニスカートをはくのではなく、ミニ丈のハーフパンツをはくだとか、スッキリする大人コーデを意識することを意識しています。

 

カラーも自分の肌の色に合った色だったり、を工夫することで、自分にあったスタイルというものを作り上げているつもりです。

 

まず自分がどんなものをが好きなのか、それを取り入れる大人ファッションがあるのか、
考えることでもっとファッションの幅が広げることができるのではないでしょうか!?

迫り来る年齢変化に負けない自分を目指して
30代後半になると若い頃のようにいかないことが増えます。 例えば夜更しをすることなどはまず、起きていられない、次の日が辛いなど現実的なことを考えるようになります。 そして、無理をして夜更かしをしたとしても、肌荒れ、体調不良な...

見てるのと、着てみたのでは大違い。

試着ってされますか?

 

なんだか気恥ずかしいなど煩わしく思われる方も、いらっしゃると思いますが、やっぱり試着は肝心要です。

 

実際にディスプレイを見て、一目惚れして購入しましたが、いざ自宅に帰り一目惚れの服を見て見ると

「あれっ。」

「こんなにダボッとしたシルエットなの。」

とか「着丈、思ってたより、ずいぶん長くない。」

とかわりと寸足らずな感じ。

とかって経験、何度かされてませんか。

 

毎回ではないから。

たまにあるよな。

 

ではなく、そこは無くしていきましょ。

 

イケてる率高いから、気にならない派の人もいるのかもしれませんが、買って、着なくて、タンスの肥やしなんて、ナンセンスです。

 

ネットで、サクッと売れちゃうタイプの方はよいですが。

 

試着してみて、ワンサイズさげて、スッキリ着たほうがいいわ。と発見したりあります。

 

 

いつものサイズと言うけれどメーカーによって、大きめだったり、スッキリコンパクトだったり、ビックシルエットのものは特に、だいぶ大きかったりすること多々ありますよね。

 

羽織りは羽織りやすいけど、ボトムスは着ないとわからないからので試着と思いがちですし、ボトムス試着は必須です。

 

しかしインナーこそ、サイズ感がでやすくないですか。

自分に1番似合う。を探しませんか。

30代に突入してからシミケア対策を始めました。
シミケア対策は大事です 若い頃は、シミなどを全く気にしていなかったので日焼け止めも塗らず、川や海、プールなどのレジャー遊びをしていました。 真夏の暑い日も日傘などさしたこともなく、もともと日焼けしやしすい体質なこともあり、7...
タイトルとURLをコピーしました