すべてが初めてだもの

子育て

初めての子どもの育児は全てが初めてすぎて不安や恐怖に襲われる事が多々多々あると思います。

何よりも悩みなのは目が離せない事。

生まれた時に比べ、だいぶ大きく成長してくれた喜びとまだ小さいままでいてほしいと思う悲しみがあります。

大きくなればなるほど、子どもは興味が増え口に物を入れたり、手を伸ばしたりと色々な事が起こります。

8カ月の娘がいますが、家族3人ダブルベッドで川の字で寝ていましたが毎日、娘の寝相が悪く夫婦揃って睡眠不足です。

最近はハイハイをしているので、お昼寝中に一人でベッドで寝かせていたら起きてからベッドの上で動き回っていたのか、ベッドから2回落ちています。

泣いて痛いのはわかるけれども、本当に大丈夫なのか心配してしまいます。

アザはできていないのか、泡は吹いていないのか、嘔吐はしていないのか、怪我はしていないのかなどどのような対処法をしたらいいのかとても心配になります。

そういう時、本当に困った時は誰に連絡をしたらいいのか自分が誰に相談したら安心するのか考えると実の母親に相談するのが一番安心です。

ベッドから2回も落ちてしまったので、今まで一緒に寝ていましたがきちんと自分の足で降りられるようになるまでは、対策としてベビーベッドで一人で寝かせるようにしました。

もちろん、ベッドの隣にベビーベッドを側に置いています。

正直、一緒のベッドに添い寝ができないのは寂しいですが子どもの危険から守るためにしました。

動けるようになって大変なこと

最初の頃は多少の時間放置していても、何も問題はなかったのですが、この頃、見てない間にハイハイで移動し色々と部屋の物を物色しています。

この前危なかったのが、扉の前までハイハイで移動していて、扉を開けようとした時に足が見えたので怪我には至らなかったのですが、気づけばあちらこちらにいて、窓が空いてれば庭にもハイハイで出てしまいます。

対処方法として考え付いたのは、扉を閉めるのではなく仕切りをすること、赤ちゃんの目に入るもので危険な物(誤飲してしまうと困るものや、鋭利なものなど)は高い場所は保管すること窓などは網戸をするか、仕切りをするか完全に閉めておくように心がけました。

アドバイスとして、小さい時とは違い、成長し始めると一気に出来ないことができるようになるため、急に驚いてしまうことが多くあります。

何気ない短時間でも子供にとっては危険な時間にもなるため、経験談や本などを見たり、危ないなと感じた事があれば、万が一の事を考えて配慮する癖をつけておいた方が安全です。

どうしても対応できない方は、椅子に固定して座らせておいたり、自分の目の届く範囲に赤ちゃんがいれば、一人で放置しているよりは安全になります。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク